大前良平

記事一覧(19)

コーヒー豆値下げしました

少し前から豆の銘柄をちょっとずつ変更してきたので、ようやく豆のメニューも一新しました。同時に豆の値段も変更し、一番お手頃な豆で¥1,000/200g〜購入可能となりました。安い!今どきこの値段で豆売りをしているお店は少ないんじゃないかと我ながら思う値段です。では、なぜ値下げをしたのか?最近の自家焙煎のコーヒーって美味しいのは多くなったけど、個人的な感覚として高いなーと感じるわけです。雑誌を見てても¥800/100gとか結構当たり前で。ネットだと¥1000/100gなんかもざらにある。もちろん、COE(カップオブエクセレンス)の豆やそれ以外にも希少な豆を扱っているから原価が高くなって、売値を上げざるを得ないというのは分かるのですが、消費者の方々ってほんとにそれについて行けてるんかなーと思ってしまう。いや、もちろん、コーヒー屋が「より良いコーヒー」(スペシャルティ・コーヒーの基準での、という意味でカッコ付き)を提供することで消費者の味覚を引き上げてていく、という意味も分かるのですよ。分かるのですが、うちは今のところそういうのとは違うな、と前から感じていて。うちの理想は、コーヒーをなんとなく好きな人が、なんとなく味の違いが分かるようになって、「なるほど、ウォッシュドとナチュラルって精製方法でこんなにも違うんかいな」ってぐらいコーヒーに興味を持ってくれたらいいなってレベルだなと思うんです。「ゲイシャはやっぱりエスメラルダのオークションロットじゃないとね〜」とか言われてるお客さんは別に違うな、と。なので、珈琲ボタンというお店もそうですが、敷居はなるべく低くしたい。いろんな人にコーヒーを飲んで欲しい。マニアの人に飲んでもらうのも嬉しいけど、近所のおっちゃんに「ここのコーヒーは違うね」とか感じてもらうのもまた嬉しい。というような、コーヒー屋としての想いも色々込めての¥1,000/200gなのです。とか言っておいて、消費税が上がるタイミングで、もしかしたら心折れて値上げするかもしれませんが、その時は鼻で笑ってやってください。ちなみに、豆の原価を抑えたからといってコーヒーが不味くなったわけではありません。豆の値段がコーヒーの美味しさに比例するとは限らないので(もちろん最低ラインとしてのボーダーはあると感じています)。いろいろと豆を試してみての私なりの結論です。嘘だと思ったら飲みに来てくださいね。そんなこんなでこれからも、ボタンのコーヒーをよろしくお願いします。※2019.3.6 価格を改定しました。グァテマラ「ウエウエテナンゴ SHB」から「ヴィスタ・アル・ボスケ農園」に銘柄が変更しました。それに伴い、グァテマラとボタンブレンドの価格が変更になっています。ご了承ください。ヴィスタ・アル・ボスケ農園もウエウエテナンゴ・エリアにある農園で、「円熟」という言葉がぴったりなまろやかで上品なコーヒーとなっていますので、ぜひお試しください。

さようなら、チキンカレー

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。さて、昨年末からずっと考えていたのですが、この度ランチで提供しているカレーをやめることにしました。今週仕込んだ分がなくなり次第、終売となります。(今日現在で、まだ10数食残っています。食べおさめしたい方はお早めにどうぞ!)カレーの仕込みをやめて、空いた時間『北の国から』のTVシリーズを観て過ごす、というわけではありません。(それもいいかもしれませんが)カレーを仕込む時間を、代わりにもっと珈琲のことに費やしたいと思うようになったからです。「たかだかカレーやないか」と思われるかもしれませんが、大量の玉ねぎを薄切りにしたり、トマトの種をとったり、炒めたり、煮込んだり、実は結構手間暇かかっているのです。自慢のカレーだからこそお客さんに食べて欲しい、という気持ちがあったから続けてきたのですが、今はもっと珈琲に注力したい。いろんなコーヒー豆を焼いてみたいし、お客さんにもっと珈琲にまつわるいろんなことを知ってもらうような工夫もしたいし、自分自身ももっと勉強したい。なので勝手ながら、一度カレーはやめます。もちろん、日替わりランチは今まで通り続けます。(こちらも近々形態を少し変える予定ではありますが)いろいろと形は変わっていきますが、お店として良くなっているはずだと確信していますので、今後とも珈琲ボタンをよろしくお願いします。

コーヒー豆は作品か?

今日は16時にお店を閉めて、コクウ珈琲さんで行われた「4人の焙煎」というイベントに遊びに/学びに行ってきました。一番印象深かったのは、「自分の焙煎した豆を作品(アーティストが創るような)と思うか?」という文脈で、珈琲屋のみなさんが「作品だとは思わない」と語られていたことでした。おそらく、みなさん謙遜してそう言われていたんだと思うのですが、僕はなんとなく「ほんまにそうかなぁ」と思ってしまったのです。もちろん、「仕事としての焙煎」という意味において、作業的に(ルーティンとして)焙煎しているというところがあるから、作品なんて大袈裟なことのように言えないというのが珈琲屋さんたちの言いたかったことなんだと思うのです。(コクウ珈琲さんはアーティストが魂を込めて作品をつくるほど、自分の焙煎には魂がこもっていないという風な表現をされていました)しかし、彼らはそれぞれ焙煎のスタイルを確立するまでにたくさんの失敗を経験して、試行錯誤を繰り返して、ようやく作業的に焙煎するというところまでたどり着いたはず。しかも、ただ焼くだけじゃなくて、どういう味を出したいかイメージして、それを表現しようとそれぞれ焙煎してる。僕にはどう見ても、彼らは立派なアーティストで、焙煎された豆は作品に見えてしまう。でも、自分の焼いた豆を「私の作品です」というのはなんかダサい感じもするし、そう言いたくない気持ちも分かるので、僕も心の中では「自分のコーヒー豆は自分の作品やぞ」と思っておこうと考えた帰り途でした。

『珈琲法話』のお知らせ

『珈琲法話』とはその名の通り、珈琲を飲みながらお坊さんの有難いお話を聴くというイベントです。お話をしてくださるのは江南市・昭蓮寺の住職さんである石黒友大(いしぐろゆうだい)さん。友大さんは、本人曰く「中学3年の時にオーストラリアにホームステイした時からオカシくなった」らしく、学生時代にトランスパーティのデコレーションを担当するなどお坊さんとしては異色の経歴の持ち主です。そんな友大さんのお話の今回のテーマは「見えるもの/見えないもの」(仮)科学主義、合理主義が席巻するこのご時世において、目に見えない霊性(スピリチュアリティ)を感じることはどういう意味を持つのか。ご自身の体験を交えながら分かりやすくお話してくださる予定です。(テーマは暫定的なもので、変更の可能性もありますのでご了承ください)ちなみに、フライヤーのお坊さん(日蓮上人)とゲイシャガールズのまっちゃんのイカした絵はしいにゃんによるものです。感謝。以下、詳細です。日時 2018年12月15日(土)    開場15:00/15:30〜16:30頃場所 珈琲ボタン (愛知県犬山市犬山東古券661)料金 ¥1000 (珈琲or紅茶、焼菓子付き)ご予約は珈琲ボタンまでご連絡ください。0568-64-6952coffeebotan@gmail.com (珈琲ボタン)